Monologue in a row

From Hololive Fan Wiki
Monologue in a row
Album Cover Art - Monologue in a row.png
Song Information
Japanese Name連なるモノローグ
English NameMonologue in a row
Release DateSeptember 5, 2021
LyricsKanade Izuru
ComposerKanade Izuru
ArrangementNanou
Mixing友達募集P
Recording友達募集P
Video Editingぽかげ
Illustrationきう
Digital ReleaseLink

Monologue in a row (連なるモノローグ) is the first original song by Kanade Izuru. The music video for the song was first premiered on her YouTube channel on September 4, 2021. It was then officially released as a single the following day.

Audio[edit source]

No. Song Duration
1 連なるモノローグ 7:08
2 連なるモノローグ (Instrumental) 7:08

Milestones[edit source]

2021[edit source]

  • Sep. 4 Music Video release date. [1]
  • Sep. 5 Single release date.


Lyrics[edit source]

Mio Under Construction.png This article or section is under construction.
You can help us by adding verifiable information.

分かっているようなフリして 歩く都会の昼 アスファルトに
雑草も必死で生きてんだ 「才能はもう蕾を付けたかい」
初めてギターを買った頃の 自分が語りかけてくることも
今は少なくなったよ

安いギターを連れ出して 地下道前で夜まで歌った
目に飛び込んでくる夜の風 帰り道に聴く深夜高速
路上で歌う青年の声 留まるのは暇か物好きか
そのどちらでもどちらでなくとも 生きてる実感がその全て
社会への不満なんてなくて 死にたいとか言ったことなかった
流行はいつも目の片隅 塗り絵は自己満足の範囲
称賛も将来もなくていい 好きなミュージシャンが言ってたから
死なないことに真面目過ぎるなよ 少しは自分を好きになれたよ

誰かが呟いた独り言が 世の中を伝播して 僕の声で届くように
誰かの躓きも卑屈な声も イヤホンの管を通して 音楽が受け止めるように 

錆びた弦をそのままにして 書き溜めた詩にメロディを振った
淡い橙色 黄緑色 詩を綴った時の空の色
流行は人の生き死に 見る角度で色彩が変わった
ヒットチャートは塗り替えられてく 溜息と懐に比例して
すれ違う人間それぞれに 例えばドラマがあったとしても
あくまで曲線上の話 鉄枠の外の誤差の範囲
僕には不揃さが心地いい 今日も許してくれた掛け違い
切れ端は掬い取っておくよ 少しは自分を好きになれるよに

僕らが背負っている 涙とか傷が 日に当たっても 在りのままでいられるように
誰かの挫折や眠れない夜の 足りないパズルが今だけでも見えないように

簡単に寝付けなくなって 晴より雨の日が好きになった
車窓からの景色に自分自身を走らせることもなくなって
背が伸びる頃に聴いていた 音楽は青臭く感じて
人生に挟んだ栞と 記憶から色褪せてしまったけど
思い描いたステージも無駄使いも 自然じゃない 不自然じゃない

誰かが呟いた独り言が 世の中を伝播して 僕の声で届くようにする
誰かの躓きも卑屈な声も イヤホンの管を通して 音楽が受け止めるようにする
僕らが背負っている 涙とか傷が 日に当たっても 在りのままでいられるようにする
誰かの挫折や眠れない夜の 足りないパズルが今だけでも見えないようにする

Media[edit source]

Videos[edit source]


連なるモノローグ

連なるモノローグ (Instrumental)

奏手イヅル『連なるモノローグ』Official Music Video

External links[edit source]

References[edit source]